犬用の亜鉛サプリメントの効能

人間の摂取するサプリメントの中でも人気の高い亜鉛。
 

主に人間がサプリで亜鉛を摂取する場合、
皮膚・粘膜の健康維持を目的として摂取されますが、犬にとっても同じような効能を発揮します。

 

亜鉛が欠乏しやすくなる状況とは

犬種によっては、亜鉛の欠乏しやすい傾向を先天的に有していることがあります。
ハスキー犬また、食事に含まれる他の栄養素が亜鉛の吸収を阻害したり、働きを低下させたりすることがあります。
穀物に由来するフィチン酸がそのような働きを見せる代表的なものです。

亜鉛欠乏の傾向がある犬種でなく、亜鉛吸収の妨げとなるような成分を摂取していなくても、外部的な要因で亜鉛は欠乏しやすくなります。

亜鉛が欠乏しやすくなる状況としては、例えば病気にかかったりストレスを抱えたりなどがあげられるでしょう。

亜鉛が欠乏する影響とは

亜鉛の欠乏によって、皮膚や粘膜の健康状態に異常があらわれます。
皮膚や粘膜の健康は、成長にとって非常に重要な部分です。
そのためこういった部分の健康が疎外されてしまうと、成長に問題が発生することのあるのです。

皮膚に現れる問題としては以下のようなものが考えられます。

肌のキメが荒くなってしまい、見た目に分かるほどになることも。
亀裂が走ってしまう、肥大化してしまう。

 (特にデリケートな粘膜の近く、鼻や口、肛門の周囲に現れやすい)

細菌による皮膚感染に対処する能力が低下し、感染症にかかりやすくなる。

亜鉛の欠乏によるこうしたトラブルを未然に防ぐために、
飼い犬のために亜鉛サプリメントを購入することを検討してみてはいかがでしょうか。